ホーム > 会社案内> > リバーグループ行動規範

リバーグループ行動規範

リバーグループのすべての役員及び社員は、次の原則に基づき、常に企業の社会的責任と使命を認識して事業活動を展開し、広く社会に貢献すると共に社会的良識をもって公正で責任ある行動をとるものとします。

1. 事業活動の姿勢

事業活動を行う上で、常に公正、透明、自由な競争の中で事業を展開し、全ての汚職、恐喝、横領に対しては断固たる行動をとり、政治や行政と健全かつ正常な関係を保つと共に法令を順守し、社会的良識に基づいた姿勢を貫きます。

(1) 法令の順守
国内外を問わず関係する全ての法令、社内規定、方針及び社会規範を順守すると共に公正で誠実な事業活動を遂行し、高い倫理意識の維持と秩序ある行動をします。

(2) 適正な会計・税務行為
適正な会計・税務処理を行い、財務報告の信頼性、業務の有効性および効率性という目的の達成を合理的に保証できるように内部統制を実施します。

(3) 情報の開示
ステークホルダーの皆様に対し、事業活動、経営構造、財政状況や業績に関わる情報を適切に開示し、企業の説明責任を果たします。

(4) お客様との関係
常にお客様の声に耳を傾け、品質、納期、コスト、サービスに対し不断の努力を重ね、安全性に十分な配慮をした製品設計に心がけ、得意先に満足して頂ける製品を提案し、提供します。

(5) 社会との関係
広く社会とのコミュニケーションを行い、友好的なパートナーシップを築く努力をします。また、社会の一員として、できることを一つずつ行い、社会貢献活動を行います。

(6) 反社会的勢力・団体への対応
社会の一員として市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力や団体には、毅然とした態度で対応し、一切関わりを持たず責任ある行動をとります。

(7) 環境への配慮
環境保全は、企業の重要な使命であり、環境関連法規制を順守すると共に環境に配慮した事業活動と管理を推進します。

(8) 接待・贈答への対応
取引先等との接待、贈答品の授受は、健全な商慣習や社会的良識に沿った行動をとり、贈賄行為を行わないことはもちろん、業務上の不正な利益を得るための利益供与、便宜供与とみられる接待、贈答品の提供、その他合理的根拠のない対応等は行いません。

2. 人権・労働

(1) 強制的な労働、児童労働の禁止
強制、拘束(債務による拘束を含む)または非自主的な就労をさせません。また、児童を就労させません。

(2) 労働時間及び賃金
労働時間及び賃金は現地法を順守します。

(3) 人道的な処遇
当事者は、セクシャル・ハラスメント、性的虐待、体罰、身体的または精神的抑圧、言葉による虐待など、職場における嫌がらせや非人道的な扱いをしません。

(4) 差別の禁止
従業員の採用・処遇において、人種、年齢、性別、民族性、身体障害、妊娠、宗教、政治的指向などにより不当な差別をしません。

(5) 労働基本権の尊重
現地法に準じて、社員の団結権、交渉権などの労働基本権を尊重します。

(6) 個人情報の保護
職務上知り得た社内外の個人情報は、人権尊重の基で適切に管理し、職務上適正な利用以外の用途に使用しません。

3. 安全衛生

(1) 職場の安全衛生
職場環境おける安全と健康を確保し、働きやすい環境の整備と維持に努めます。

(2) 緊急災害時への備え
非常時に起こりうる状況や事象を事前に特定し、有事においてその影響を最小化するため対応策を講じます。

(3) 労働災害および疾病
労働災害や疾病の予防、管理および処置に努めます。

4. 環境保全

(1) 環境負荷の低減
製造・メンテナンス・設備運営のプロセスの改善や、資材の節約・リサイクル・再利用などにより、省資源・省力化を推進します。また、製品の設計段階から環境負荷の低減を目指したものづくりに努めます。

(2) 化学物質等の規制
環境に放出された場合に害を及ぼす化学物質などの使用においては、国内外の法規制および適用すべき管理基準を順守し、安全な取り扱いと管理を行います。

(3) 環境汚染の防止
事業活動によって発生する排水、排ガス、廃棄物、副産物等に対しては、法規制を順守し、定められた監視、管理、適切な処理を行います。

(4) 製品の含有物質規制
製品を構成する材料および包装材料への特定物質の使用の禁止または制限に関して適用される法規制および顧客の要求事項を順守します。

5. 倫理的活動

(1) 職場の環境づくり
個人の尊厳を尊重し、差別や犯罪、法令違反、性的を含むハラスメントなどの無い職場環境づくりに積極的に取り組みます。また、社内に内部通報窓口を設置し、安全で働きやすい環境の確保と整備に努め、役員及び社員の人格や個性を尊重し人材の教育にも力を注ぎ、社内秩序の保持に努めます。

(2) 会社資産の保護
会社の資産(施設・機械設備・器具及び物品等)を効率良く活用すると共に、自己の利益のために不正使用する等、あるいは紛失、盗難、侵害が起こらないように厳重に管理します。

(3) インサイダー取引の禁止
法令等による合理的な理由がない限り、いかなる場合も業務上知り得た未公開情報及び会社の機密情報に関しては、秘密保持を徹底し、厳重に管理するとともに会社の情報を不正に使用して個人の利益を得る行為をしません。

(4) 利益相反行為の禁止
会社の事業活動に不利益を及ぼす行為や競合する活動、あるいは会社の損失と引き替えに自己の利益またはその関係者に対して便宜を図る行為をしません。

(5) 知的財産権の保護
知的財産権の管理・保護に努めると共に、他社及び第三者の知的財産権を尊重し、権利の侵害及び不正使用は行いません。

(6) 公平・公正なビジネス活動
市場における公正且つ自由な競争の維持に努め、それを妨げる不当な行為をしません。また、サプライヤーとの良好な関係を構築し、公正な取引の維持に努めると共に個人的な利益享受など、公平性を損なう行為をしません。

(7) 紛争鉱物への対応方針
コンゴ民主共和国および近隣諸国で産出された、紛争や人権侵害に関与する紛争鉱物(錫、タンタル、タングステン、金)を使用した部品・材料の調達回避に努め、使用禁止を推進します。

6. 本規範の順守

本規範の順守は、リバーグループのすべての役員及び社員の責務であり、万一本規範に反する事態が発生した場合には、迅速にその原因究明に努め、監督当局への届出、情報公開、関係者の処分等を行い再発防止のため、適切な措置をとります。また、社内外の情報を常に把握して実効ある社内体制の整備を行い、内部監査を積極的に展開し、リスクの未然防止に努めます。

  • リバーエレテック株式会社
  • 代表取締役社長 若尾 富士男

リバーエレテック株式会社

Copyright © 2008 RIVER ELETEC CORPORATION All Rights Reserved.