ホーム > 投資家情報 > 経営方針 > 財務報告に係る内部統制の基本方針

財務報告に係る内部統制の基本方針

当社は、金融商品取引法が求める以下の4つの目的を達成するため、財務報告に係る内部統制システムの整備と運用を行います。

  • 1.事業活動の目的達成のために「業務の有効性と効率性」を高める
  • 2.「財務報告の信頼性」を確保する
  • 3.事業活動に係わる「法規その他の規範の順守」を促す
  • 4.資産の取得、使用および処分を適正に行い「資産の保全」を図る

内部統制の実効性を確保するため、以下の6つの基本的要素を社内規定に組み込んで適切に整備し、運用して行きます。

1. 統制環境

当社は、リバーグループ倫理行動規範および社内規定に基づき、組織の目的を達成するための体制および適正かつ効果的な人事制度を定め経営を行います。

2. リスクの評価と対応

当社は、リスク管理規定に基づき、組織の目標達成を阻害するリスクへの対応を図ります。

3. 統制活動

当社は、組織運営規定、職務分掌権限規定に基づく業務プロセスの管理システムを運用するとともに相互牽制の有効化を図ります。

4. 情報と伝達

当社は、事業活動に係わる全ての情報について文書管理規定および情報管理規定に基づき適切な管理を行い、社内ネットワークシステムにより必要な情報を組織内へ迅速かつ適正な伝達を行います。また、当社の利害関係者に必要な情報を公開して行く他、社内外通報システムの運用を推進します。

5. モニタリング(監視活動)

当社は、内部統制の監視、評価および是正のために業務プロセスに組み込んでいる日常的モニタリングと業務執行に係わる組織から独立した内部統制組織による独立的評価を実施します。

6. IT(情報技術)への対応

当社は、組織内のIT環境、ITの利用および統制への適切な対応を図ります。

内部統制についての基本方針

内部統制システムの構築の基本方針

リバーエレテック株式会社

Copyright © 2008 RIVER ELETEC CORPORATION All Rights Reserved.